Hot design

デザインの評価はじめました。
いいデザインに出会うには、まず身の回りの理解から
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | -
    営業について
    0
      仕事に追われ、頭がいっぱいになり、
      デザインという言葉を忘れかけている昨今ですが、

      興味の嗜好も仕事に寄りつつあります。
      (日本人的には、いい傾向なのかもしれませんが・・・)

      ともすれば、異動により営業になる可能性がある現状。
      書店では、どうしても上のような本が気になってしまいます。


      諸先輩方を見ている限り、
      広告営業というのは、本当にケースバイケースの業務のようですが、
      予習として、勉強するには越したことがないだろうと手に取りました。

      キーワードを50に分けてあり、非常に読みやすく、
      おもしろい内容ですが、休みの日に読むと、
      すこし現実に引き戻されて、ドーンとなります。
      ※かなり個人的な意見で申し訳ございません。

      たまに、通勤の電車で自分を奮い立たせる(頭を起動させる)為に、
      使っています。


      この予習が役に立つ日は、来るのでしょうか。
      取り急ぎ、近況報告まで。
      | hot-tea | レビュー【Book】 | 00:16 | comments(1) | - | - | -
      重要なのはプロセス
      0
        「考え方」の考え方 すぐれた企画は30秒で伝わる
        「考え方」の考え方 すぐれた企画は30秒で伝わる
        指南役

        タイトルではプロセスが重要と書いたものの、
        実際アウトプットが伴わないと意味がないというのも事実だとおもいます。

        ただ、数うちゃあたる戦法でいいアウトプットが出たとしても、
        それは奇跡でしかなく。おなじ奇跡は、また数うたなくちゃいけない。

        そんな中、上に紹介した本は『「考え方」の考え方』、
        つまりプロセスについて書かれた本です。
        それも、よくあるアイデア発想法の類ではなく、もっと根本的な部分です。

        「アイデアに対する姿勢」とも表現できるかもしれません。
        どれだけ大切に自らのアイデア使うか、どれだけチャンスロスへ減らすか、
        そういう視点で書かれています。

        曖昧、抽象的という評価もあるかもしれませんが、
        傍らにおいておいて、たまに見返すと原点に戻れそうな気にさせてくれる一冊です。
        | hot-tea | レビュー【Book】 | 20:17 | comments(0) | - | - | -
        個人的バイブル
        0
          みんなに好かれようとして、みんなに嫌われる。 (勝つ広告のぜんぶ)
          みんなに好かれようとして、みんなに嫌われる。 (勝つ広告のぜんぶ)
          仲畑 貴志

          実は、やる気を沸騰させるときに読んでいました。

          上は、最近書籍になったもの(公式には16日発売?)ですが、先日、届いて即日読破しました。
          宣伝会議(という雑誌)での連載をまとめた本です。

          中の何篇かが、非常にきつく、そして熱い。
          がっつり沸かしてくれます。(ココロを)
          広告の本ですが、きっと別の業種でも関連してくると思います。
          考え方とか・・・(社会人2年目の分際ですがお許しください)

          土日(特に日曜日の夕方)にサザエさん症候群になりがちな方は、
          ぜひ読んでください。

          決して「癒し」ではなく。
          「奮い立たせてくれる」本だと思います。
          | hot-tea | レビュー【Book】 | 00:09 | comments(0) | - | - | -

          このページの先頭へ