Hot design

デザインの評価はじめました。
いいデザインに出会うには、まず身の回りの理解から
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | -
    営業について
    0
      仕事に追われ、頭がいっぱいになり、
      デザインという言葉を忘れかけている昨今ですが、

      興味の嗜好も仕事に寄りつつあります。
      (日本人的には、いい傾向なのかもしれませんが・・・)

      ともすれば、異動により営業になる可能性がある現状。
      書店では、どうしても上のような本が気になってしまいます。


      諸先輩方を見ている限り、
      広告営業というのは、本当にケースバイケースの業務のようですが、
      予習として、勉強するには越したことがないだろうと手に取りました。

      キーワードを50に分けてあり、非常に読みやすく、
      おもしろい内容ですが、休みの日に読むと、
      すこし現実に引き戻されて、ドーンとなります。
      ※かなり個人的な意見で申し訳ございません。

      たまに、通勤の電車で自分を奮い立たせる(頭を起動させる)為に、
      使っています。


      この予習が役に立つ日は、来るのでしょうか。
      取り急ぎ、近況報告まで。
      | hot-tea | レビュー【Book】 | 00:16 | comments(1) | - | - | -
      巨匠に認められる?
      0
        先行上映

        トランスフォーマーリベンジ 見てきました。

        そして認定されました。
        すごい大物に・・・。


        その証明

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        〜認定証〜

        あなたは、映画「トランスフォーマー/リベンジ」の世界最速上映に来場され
        鑑賞されたことを、ここに証します。

        スティーブン・スピルバーグ&マイケル・ベイ

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


        上の写真は、入場の際に渡された認定証(ポストカード?)です。

        入場者プレゼントというのは、公開の序盤に結構あるものですが、
        (シールとか、ポストカードとか、アニメだとおもちゃとか)

        認定証は、珍しい気がします。
        ちょっとうれしい気持ちにもなりましたし。(なんとなくポストカード配られるよりは)


        世界最速公開のプレミア感の演出だと思いますが、
        せめて英語の筆記体とかにしていただけると、もっと満足度高かったと思いました。


        ・・・こういうとき、職業病が見え隠れして、
        「このポストカードで満足度が上がるとしても、渡した相手は既に支払済み」
        という現実を直視してしまいます。

        もう支払済みのお客様にコストをかけてどーする?と。


        でも、そこが、芸術と商売の狭間なのかもしれません。

        作品としての映画の満足度をただただ上げていく。
        そういう努力を最近していない気がするので、
        そういう意味でも勉強になりました。


        追伸:
        映画自体、THEエンタメ作品!という派手で楽しく見れる作品でした。
        ロボットの肉弾戦ってすごい迫力です。




        | hot-tea | レビュー【Movie】 | 22:56 | comments(0) | - | - | -
        変形する。
        0
          少し前から気になってたブログパーツ。





          ※上記は映画告知ブログパーツの為、
            公開後にリンク切れとなる場合があります。


          ノリで作ってみたのですが、
          自作という愛着が多少沸いている気がします・・・。


          最近、そこかしこでブログパーツ配布タイプのコミュニケーションをよく見かけます。

          ブログに貼ってもらうことが目的なんだとは思いますが、
          貼ったあとに愛着を持たせて、「長い間貼っていてもらう」
          そういうヒトクセ(アイデア)は必要なのかもしれません。

          | hot-tea | レビュー【Ad】 | 23:05 | comments(0) | - | - | -
          あんまん
          0
            あん?

            近所にできたモールに入っている和菓子屋さん。
            おはぎがイチオシのようです。

            あんこの塊がおいてありました。


            閉店間際のタイミングだったので、

            僭越ながら、
            「結構あんこ残っちゃってるな」
            と思ってたのですが・・・

            よく見ると。

            あん!

            あんぱんまん?

            ですよね。

            アンパンではないですが・・・。


            特に名物的に取り上げられていないところを見ると、
            おそらく従業員の方の遊び心なのだとおもいますが、
            まんまと食いついてしまいました。
            | hot-tea | 気になるコト | 23:47 | comments(0) | - | - | -
            “新鮮”をわかりやすく
            0
              かぶもぎ

              とある、スーパー。

              見たことのない風景が広がっていました。

              きのこが、生えていました。


              商品名は、

              かぶもぎ

              「株もぎえりんぎ」


              こういうのが、並んでいます。

              かぶもぎ


              購入時は、お店の方が、この筒からもぎって、袋に入れてくれます。

              ある意味、最高に新鮮です。
              ※「採れたて」という言葉の定義の問題ですが・・・。



              魚でいうと、イケスで売る感じでしょうか。

              まさか野菜(きのこは野菜?菌類??)の新鮮さを
              こういう形で表現できるとは思いませんでした。


              普段、鮮度を気にしていないものでも、
              あえて、鮮度を示すことで、付加価値になることがありそうですね。
              ※熟成という観点もあるので一概には言えませんが・・・。


              どこかに応用できないか、考えてみたいと思います。
              | hot-tea | レビュー【Place】 | 01:59 | comments(0) | - | - | -
              ガイア理論?
              0
                壁の紙

                大阪のとある街角。

                壁に違和感ある張り紙が・・・・。


                地球?



                近づいてみると、

                壁の紙


                「ここはゴミ箱ではありません。」


                昔、ゴミ捨て場だったのか、

                たまたまゴミが置かれやすい路地なのか、

                近隣の人が困って、意思表示したんだと思います。



                ともすれば、日常の張り紙ですが、

                このグラフィック、
                ちょっと新しさを感じたのは私だけでしょうか。


                昔で言う、トリイ的なものだと思います。
                (ここにも神様がいますよ、キレイに使いましょう・・・的な)


                エコ&CO2削減が叫ばれてる現代に置き換えれば、
                地球が相当するのは当然かもしてません。


                昔、「神様への敬意」を用いていた文化の流れを、
                「地球への敬意」に置きかえてみるという発想は
                どこかで使えそうな気がしております。

                使う場所が最近ないですが・・・・。

                | hot-tea | 気になるコト | 01:59 | comments(0) | - | - | -
                でっかいドコモショップ?
                0
                  ドコモ

                  ドコモ

                  今日、地下鉄が、大きなドコモショップを模した感じ(?)になっていました。
                  壁面手前にはフローリング地が床に敷かれてて、地下鉄のホームにやや違和感でした。

                  4つのシリーズがそれぞれ配置されて・・・。
                  個々の機種の説明はなかったのですが、
                  なんか壮観でした・・・。

                  どうやら、21機種(カラー含めて71種類)がレイアウトされて、
                  約14,000台が並んでいるそうです。

                  規模もアート(デザイン)の一部だと実感した次第です。
                  | hot-tea | レビュー【Ad】 | 00:31 | comments(0) | - | - | -
                  きんこう
                  0
                    きんこう

                    とあるコンビニ前。
                    目の端に違和感を覚え、怪しくも辺りを見回して気づきました。

                    銀行ATMの文字。

                    読むとすれば、「ぎんこう」ではなく「きんこう」でしょうか。
                    ※点が2つ足りないだけに・・


                    おそらく、製作時の赤いシートのカットし忘れだとは思いますが、
                    結局、最後に触るのは人間ってコトですね。

                    ひさびさに思い出しました。
                    ヒューマンエラーという言葉を。
                    | hot-tea | レビュー【Place】 | 23:38 | comments(0) | - | - | -
                    重要なのはプロセス
                    0
                      「考え方」の考え方 すぐれた企画は30秒で伝わる
                      「考え方」の考え方 すぐれた企画は30秒で伝わる
                      指南役

                      タイトルではプロセスが重要と書いたものの、
                      実際アウトプットが伴わないと意味がないというのも事実だとおもいます。

                      ただ、数うちゃあたる戦法でいいアウトプットが出たとしても、
                      それは奇跡でしかなく。おなじ奇跡は、また数うたなくちゃいけない。

                      そんな中、上に紹介した本は『「考え方」の考え方』、
                      つまりプロセスについて書かれた本です。
                      それも、よくあるアイデア発想法の類ではなく、もっと根本的な部分です。

                      「アイデアに対する姿勢」とも表現できるかもしれません。
                      どれだけ大切に自らのアイデア使うか、どれだけチャンスロスへ減らすか、
                      そういう視点で書かれています。

                      曖昧、抽象的という評価もあるかもしれませんが、
                      傍らにおいておいて、たまに見返すと原点に戻れそうな気にさせてくれる一冊です。
                      | hot-tea | レビュー【Book】 | 20:17 | comments(0) | - | - | -
                      個人的バイブル
                      0
                        みんなに好かれようとして、みんなに嫌われる。 (勝つ広告のぜんぶ)
                        みんなに好かれようとして、みんなに嫌われる。 (勝つ広告のぜんぶ)
                        仲畑 貴志

                        実は、やる気を沸騰させるときに読んでいました。

                        上は、最近書籍になったもの(公式には16日発売?)ですが、先日、届いて即日読破しました。
                        宣伝会議(という雑誌)での連載をまとめた本です。

                        中の何篇かが、非常にきつく、そして熱い。
                        がっつり沸かしてくれます。(ココロを)
                        広告の本ですが、きっと別の業種でも関連してくると思います。
                        考え方とか・・・(社会人2年目の分際ですがお許しください)

                        土日(特に日曜日の夕方)にサザエさん症候群になりがちな方は、
                        ぜひ読んでください。

                        決して「癒し」ではなく。
                        「奮い立たせてくれる」本だと思います。
                        | hot-tea | レビュー【Book】 | 00:09 | comments(0) | - | - | -

                        このページの先頭へ